【怒り爆発?】チャップアップを真面目に1年継続したので結果を晒す!

1年前、そろそろ薄毛が目立ってきていた私は「そうだ、育毛剤、使おう」と決断しました。少しでも髪の毛が増えればという、藁をもすがるような思いですね。

私が目をつけたのは、人気ナンバーワンといわれる商品「チャップアップ」です。効く、効かないとネット上での評価は分かれていますが、果たして結果はどうだったのでしょうか。

チャップアップを選んだ理由は何?

育毛剤といってもさまざまな商品がありますが、私がチャップアップを選んだ理由は以下の通りです。

  • 育毛剤としての基本を押さえている
  • 副作用のリスクが小さい
  • 商品としての人気の高さ

まず、薄毛の原因としてはAGA(男性型脱毛症)や血行不良、頭皮の状態悪化などが考えられます。チャップアップの育毛成分は70種類と多く、それぞれの原因への対応が期待できます

効果が高くても、プロペシアやミノキシジルのように副作用のリスクがあるのも困ります。チャップアップの成分は自然由来成分が多く、副作用のリスクが小さいのも魅力でした。

通販専用の育毛剤では人気がトップクラスというのも決め手になりました。人気商品になるからには、十分な効果が得られた人が多いのではないかと推察できたからです。

そして、育毛剤とサプリメントがセットで9,090円というコスト面、体質に合わなければ全額返金保証制度が利用できることも、購入を後押ししてくれました。

まずチャップアップを注文してみた

チャップアップにはさまざまな定期コースが設定されているので、最初に注文するときには少し迷うかもしれません。また、育毛剤の使い方を知らないという人もいるでしょう。

私がチャップアップを注文したときも、それまで育毛剤を使ったことがなかったので不安だったのは確かです。そのときのことを、これから振り返ってみます。

チャップアップの定期コースは多彩

まず迷ったのが、チャップアップの買い方です。下の表のように、育毛剤単品やサプリメント、シャンプーとのセットなど、さまざまな定期コースが用意されているからです。

商品内容 月額
育毛剤のみ 7,400円
育毛剤1本+サプリ 9,090円
育毛剤2本+サプリ 13,840円
育毛剤1本+シャンプー 8,880円

個人的にお得だと思ったのが、育毛剤2本とサプリ1袋のセットです。元の価格が20,760円で、割引率が高いからです。

ただ、初めて育毛剤を使う人間にとって、複数の購入はちょっとリスクがあります。効くかどうか、体に合うかどうかが分からないからです。

迷った結果、育毛剤1本とサプリのセットを注文することにしました。人気のコースで、注文する人が多いという情報が、決め手になりました。

チャップアップは無地の段ボール箱で送付

さて、注文したのはいいですが、ちょっと心配になることができました。育毛剤を買ったことが、家族にバレてしまうのではないかということです。

また、チャップアップは通販専用商品のうえ、人気です。もしかすると、商品到着までにかなり待たされてしまうのはないかという不安もありました。

商品が到着したのは、チャップアップを注文してから2日ほど経ってからでした。とりあえず、商品到着の遅延については、杞憂に終わりました。

また、チャップアップが入っていたのは無地の段ボール箱でした。社名は入っていませんし、送付用紙に「育毛剤」と書いているようなこともないので、家族バレもなさそうです。

箱の中に入っていたのは、以下の通りです。

  • チャップアップ育毛剤
  • チャップアップサプリ
  • 使用説明書
  • 育毛関係の参考資料
  • 返金保証書
  • ヘッドスパブラシ

ヘッドスパプラシは、定期コースを申し込んだ人に贈られるプレゼントです。プレゼントは毎回変わるそうなので、次は何がプレゼントとして贈られてくるのか楽しみになります。

また、返金保証書は全額返金保証制度を利用するときに提出するものです。エタノールの影響などで頭皮がかぶれるなどのケースを想定しているのです。

ちなみにチャップアップの場合、返金保証制度の期限はありません。買ってから何日とか気にしないですむのは、うれしいところです。

チャップアップの容器は半透明で使いやすい

実際にチャップアップを手にとってみて気づいたのが、容器が半透明だということです。中身が見えないと残量が確認できずに不安なのですが、チャップアップはそんなことがないので便利です。

70種類の成分が配合されており、数ある育毛剤の中でもトップクラスです。これならばAGA(男性型脱毛症)だけでなく、さまざまな薄毛の原因に対応できそうで期待が持てます。

また、サプリにもさまざまな成分が配合されていますが、中でも気になったのはノコギリヤシです。AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えてくれるからです。

髪の毛の原料であるタンパク質・ケラチンの生成に欠かせない亜鉛が配合されているのも大きいです。ちょっと粒は大きめですが、飲むのが苦になるレベルではありません。

髪の毛が伸びる時間帯は、夜の寝ている間だといいます。効果が少しでも大きくなるように、サプリは寝る前に飲むことに決めました。

チャップアップを実際に使ってみた

チャップアップはプッシュ式で、予想以上に勢いよく噴射されます。1日30プッシュ分を塗布することが推奨されていますが、人によってはもっと少なくてもいい感じです。

1日当たり10~20プッシュですむ人ならば、節約という意味でもそっちの方がいいかもしれません。30プッシュというのは、頭皮の面積が広い人を基準にしているのかもしれません。

噴射の勢いが良いので、プッシュすればちゃんと頭皮に届いてくれそうな感じです。髪にあまり付着せず、無駄なく使えるんじゃないでしょうか。

気になる匂いやべたつきですが、匂いはほとんどなく、サラサラしています。育毛剤を塗布していることが周りにバレるようなことはあまりなさそうで、安心できますね。

チャップアップ使用1ヶ月-目立った変化なし

そうこうしているうちに、チャップアップ使用開始から1ヶ月が経過しました。この時点では「全くと言っていいほど効果が実感できない」という状況でした。抜け毛が減った程度でしょうか。

口コミを見ると『髪にコシが出てきた』『髪が太くなってきた』というものが散見されますが、私の場合はそのレベルの効果も実感することができませんでした。

ただ、育毛剤を使っていると「初期脱毛」と呼ばれる症状が出ることがあります。AGAによって乱れたヘアサイクルが整えられる過程で、一時的に髪の毛が大量に抜けてしまうものです。

「育毛剤を使っているのになぜ抜けるの?」と不安に感じる人も多いといいます。幸い、チャップアップを使っている際に、初期脱毛が起きることはありませんでした

医療機関の治療薬でも、効果が出るまでには半年が必要とされています副作用が出ていないことを考えると、可もなく不可もなくといったところでしょうか。

チャップアップ使用2ヶ月-使用法が悪いかも?

チャップアップ使用開始から2ヶ月たっても、私の髪の毛にはあまり変化がありません。ここで、ちょっとした疑問が生じます。「使い方、間違っているのでは?」という。

頭皮マッサージは欠かせない

チャップアップには使用説明書が付いています。届いたときに目を通したはずなんですけれど、中身を十分に理解しないで使っていたんじゃないかと疑問に思えてしまったんですね。

改めて目を通すと、以下のようなことが書かれていました。

  • 洗髪後に塗布するときにはドライヤーで乾かしておく
  • 塗布した後は1分間の頭皮マッサージを行う

振り返ってみると、私はこのときまで、頭皮マッサージをあまりしていなかったんですよね。道理で、十分な効果が得られなかったはずです。

頭皮マッサージをすることで、血流が改善されます。これによって毛根まで届く栄養が増え、髪の毛の成長力アップが期待できるのです。

医療機関で処方されているミノキシジルの働きが、頭皮の血行改善であることを考えても、血行改善と髪の毛の成長には密接な関係があることが分かります。

「これじゃチャップアップが無駄になっちゃう」と反省し、1日当たり1分間の頭皮マッサージを行うことに決めました。首筋からこめかみ、頭頂部のツボを順番にマッサージしていく感じですね。

やってみると、心なしか頭がポカポカしてきます。血流が改善されているかもしれないので、どういう形で影響が出てくるか楽しみです。

塗布したあとのドライヤーは必要?

チャップアップを塗布する前にドライヤーが必要なのは、取扱説明書に書いている通りです。濡れたままだと水によって成分が薄まり、効果が落ちてしまいかねないからです。

ただ、塗布したあとのドライヤーについては、意見が分かれるところです。メリットとデメリットの両方が考えられるためです。

メリットとしては、頭皮が蒸れないということが挙げられます。頭皮が蒸れると細菌が繁殖し、炎症の原因のひとつとなってしまいかねないからです。

デメリットとしては、ドライヤーによってエタノールが蒸発することが挙げられます。チャップアップの成分の中には水に溶けにくいものもあり、エタノールと一緒に蒸発する可能性があるのです。

どちらを取るべきかで、判断が分かれるというわけですね。とりあえず、私は塗布後のドライヤーは避け、自然乾燥させる方で行くことにしました。

使い方そのものも見直してみる

取扱説明書などを見ていると、どうもチャップアップの使い方そのものも間違っていたのではないかと思えてきました。塗布する時間と、プッシュのやり方に問題があったのです。

塗布するならば朝と夜の2回

チャップアップにはオウゴンエキスなど、AGA(男性型脱毛症)の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)対策を目的とした成分が多数、配合されています。

この成分が継続的に効果を発揮してくれるためには、ある程度短いスパンでチャップアップを塗布する方が有利です。DHT対策成分が頭皮に残っている時間が、長くなるためです。

この時点まで私は、チャップアップの塗布は夜1回だけでした。少しでも使用量を抑えたいというのが理由ですが、30プッシュというのはそれなりに根拠がある数字だということを理解しました。

使用開始2ヶ月からは、チャップアップのプッシュは朝夕2回に変更することにしました。これがどのような結果に結びついていくんでしょうか。

プッシュは頭皮を狙って行う

プッシュのやり方についても、改善の余地があったようです。この時期になるまで、私のプッシュのやり方が無造作すぎたからです。

この時点まで私は、何も考えずに漫然と頭部にプッシュしていました。当然のことながら髪の毛に付着して「ちょっとベタつくな」という感じでした。

チャップアップに含まれているのはDHT対策、血流促進、頭皮の状態整備を目的とした成分です。いずれも、頭皮に塗布しないと意味がありません

無造作にプッシュしていると、チャップアップが髪の毛へ大量についてしまいます。これは、チャップアップの一部が無駄になっていることに他なりません。

この場合、たとえ規定の30プッシュを行っていたとしても、頭皮に届く割合は落ちます。これでは、十分な効果が発揮できなくても仕方がないとしか言いようがありません。

これは、数センチ離してプッシュしていたことが原因で、髪にチャップアップが当たりまくっていたのです。反省して、もう少し近くからプッシュし、頭皮に届くようにすることを心がけました。

ただこの方法だと、頭皮に届きすぎて、流れてしまうこともあります。これも、チャップアップが無駄になっていることにほかならないでしょう。

このあたり、うまくバランスが取れるようになるまでには少しだけ時間がかかりました。人によって条件は違うでしょうから、試行錯誤してみるしかないかもしれませんね。

他の人と比べて現状はどうなの?

ネットの口コミを見ると、2ヶ月目には何らかの変化が見え始めているケースが散見されます。『M字が改善して額が狭くなった』『排水口の抜け毛が大幅に減った』という感じですね。

残念ながら、この時点での私は、そうした改善は見られませんでした。1ヶ月目と大差ない状態で、こういう人が『チャップアップは効かない』という口コミを書いていたのではないかと思えてきます。

ただ、2ヶ月たってようやく、チャップアップの使い方に問題があることが分かってきました。チャップアップが悪いのではなく、自分の使い方が悪かったというわけですね。

今後、使い方を改善して効果がアップするかどうかは分かりません。ただ、間違った使い方を続けるよりは良い結果が出る可能性が高いと考えて、使用を継続することにしました。

チャップアップ使用3ヶ月-抜け毛が減った!

使用開始から3ヶ月というと、そろそろ継続すべきかどうか判断する時期です。チャップアップの取扱説明書に3ヶ月は使ってみよう」と書かれており、その時期が来たということですね。

使い方については、まだ試行錯誤が続いています。ただ、2ヶ月目を契機にいろいろ変えてみた結果、多少なりとも効果が出始めたみたいなので、使い続けることに決めました。

抜け毛が徐々に減ってきたかも?

AGAは髪の寿命が短くなるため、抜け毛が増えるものです。枕に抜け毛が大量についていたり、浴室の排水口が抜け毛だらけだったりすると「AGAなんだなあ」と実感してしまいます。

ところが、3ヶ月目に入ってくると、枕の抜け毛が減っているように見えてきたのです。心なしか、排水口の抜け毛も少なくなっている気がしています。

本当に減っているのかどうか、排水口の抜け毛を確認してみました。すると、チャップアップ使用開始前は毎日100本近くあった抜け毛が、50本ぐらいになっていたのです。

「たまたま少なかったんじゃないの?」と思って次の日も調べてみましたが、やはり50本ぐらいになっていました。チャップアップによって、抜け毛が抑えられてきたのでしょうか。

髪の毛が大量に抜けるから薄毛になるのであって、それが抑えられれば第一関門クリアといったところです。取扱説明書に書いてあることは、正しかったということでしょうか。

ここでチャップアップの使用を中止すると、プロペシアと同様に「元の木阿弥」となってしまいかねませんので、継続使用することを決めました。

ちなみに、3ヶ月目に入った時点で初期脱毛は起こっておらず、副作用も出ていません。医療機関の処方薬の副作用を考えれば、チャップアップなかなかいいぞという感じですね。

サプリも薄毛対策に役立っている?

もしかすると、この抜け毛の減少はチャップアップだけでなく、サプリも関係しているのかもしれません。120粒入りで毎日、4粒を飲むことが推奨されています。

このチャップアップサプリにも、さまざまな育毛成分が配合されています。中でも注目すべきは、AGA対策が期待できるノコギリヤシです。

AGAへの効果が証明されているノコギリヤシ

チャップアップサプリに配合されているノコギリヤシは、AGAの原因であるDHTの生成を抑える働きがあることが、米生物工学情報センターのデータベースに掲載されています。

データによると、ノコギリヤシ320mgを毎日、2年間にわたって摂取した場合、AGAが改善したケースは38%でした。プロペシアが68%ですから、その半分ぐらいの効果と言えそうです。

これに加えて、1日960mgを1年半にわたって摂取しても、副作用が出なかったという臨床データも、同センターのデータベースに収録されているのです。

プロペシアにはED(勃起障害)や精子減少などシャレにならない副作用があり、服用をやめても後遺症が残ってしまったという臨床例まで確認されています。

たとえプロペシアより効果が小さくても、ノコギリヤシに副作用がないのは大きなメリットです。チャップアップサプリには、このノコギリヤシが配合されているのです。

育毛剤の効果もさることながら、このノコギリヤシが抜け毛減少に役立っている可能性があるのではないかと考えると、育毛効果にさらなる期待がわいてきます。

髪の毛に必要な栄養素が盛りだくさん

チャップアップサプリにはこれに加えて、アミノ酸や亜鉛など髪の毛の成長になくてはならない栄養素がたくさん配合されています。栄養を増やして、髪の毛の成長力アップを狙っているのです。

中でも特筆すべきは、亜鉛です。体を作る元となるタンパク質の合成に、欠かすことができない栄養素だからです。

髪の毛はケラチンというタンパク質からなっています。ただ、このケラチンは食べ物から摂取することができません。体内のアミノ酸を元にして、生成するしかないのです。

このときに必要になってくるのが、亜鉛なのです。亜鉛がないと、どんなにアミノ酸を多く持っていても、タンパク質を生成することができません

一例として、赤血球に含まれるタンパク質の一種・ヘモグロビンが挙げられます。亜鉛が足りないとアミノ酸や鉄が十分でもヘモグロビンが生成されず、貧血になることが分かっています。

ケラチンについても同じことです。ノコギリヤシでAGAの進行を抑えることができても、髪の毛の栄養素が不足していると、伸びてフサフサになってくれません。

チャップアップサプリで亜鉛を摂取すれば、髪の毛の栄養が増えて、成長力がアップすることが期待できるというわけですね。こちらも、育毛剤の力強いサポートになっていそうです。

チャップアップ3ヶ月目の使い方は?

2ヶ月目の時点で使い方が良くないのに気づき、頭皮の血行改善のためにマッサージを行うなど、少しずつ修正を図ってきたのも、良い方に出た可能性があります。

頭皮マッサージや2回塗布は継続中

2ヶ月目から始めた頭皮マッサージですが、3ヶ月目も継続してやっています。もともと取扱説明書で推奨されていたことなので、なぜやらなかったのかという感じです。

やっていると頭がポワポワしているような感じがして、もしかして血流が良くなっているんじゃないかと思えてきます。実際にそうなっているのかは、分かりませんけれどね。

朝晩2回の塗布も、取扱説明書に書いてあったことなので、継続中です。チャップアップの減りは多少、早くなっていますが、抜け毛が減ってきた理由のひとつかもしれませんね。

このように、使い方の修正は基本的にプラスに出ているようですが、必ずしもうまくいっていないこともあったのです。

プッシュはまだまだ不安定

それは、チャップアップのプッシュのやり方です。できるだけ頭皮に塗布できるようにしたいと考えたのですが、なかなかバランスが難しいのです。

あまりにも頭皮に近づけすぎると、頭皮まで届きすぎて液垂れを起こしてしまいます。だからといって距離を置いて噴射すると、髪の毛に大量に付着してしまうといった感じです。

うまくいったなという日もあるのですが、次の日にはまた上のどっちかになってしまうといった具合で、なかなか安定してくれません。

こうやって試行錯誤しているうちに、1ヶ月が経ってしまったというところです。時間を無駄にしてるんじゃないかという気がしないでもありません。

このあたりは慣れの問題でしょうから、いずれ安定してくると気軽に構えておきましょう。今のところ、副作用もありませんし、順調に推移しているとみていいでしょう。

人によっては3ヶ月でもっと大きな効果が出ているようですが、自分はまだまだって感じです。ただ、少しずつでも効果のようなものが見えてきたので、使用継続決定ということになりました。

チャップアップ使用6ヶ月-生活習慣がダメ?

使用開始から6ヶ月が経過して、チャップアップの効果のようなものがもうひとつ、見えてきました。髪の毛にコシが出てきたのです。

髪の毛にコシが出てきたかも?

チャップアップを使い始める前は、髪の毛にコシがなくて、すぐにペタンとしてしまう状態でした。結果として地肌が透けて、薄さが強調されていたんです。

髪にボリュームを出そうとして、毎日のように四苦八苦していました。だって、どうやってもペタンとなってしまうんですから、ボリュームの出しようがないですよね。

ところが半年たってくると、髪の毛をセットしたときにペタンとせず、ボリュームが出るようになってきたんです。髪の毛の量そのものは増えたようには見えないのに、です。

見た目にそんな違いはないのですが、髪の毛が微妙に太くなってきたのかもしれません。これが「コシが出てきた」というやつでしょうか。

今までは頭皮マッサージに加えて、セットの時間が長くなっていたので、睡眠時間がちょっとだけ削られていました。たとえ5分や10分であっても、眠いものは眠いのです。

髪にコシが出てきたことで、セットの時間が短くなり、眠れる時間が少しだけ増えました。これで、眠気を気にしないで頭皮マッサージを行うことができそうです。

また、頭部を観察していると、産毛のようなものが少しずつ、増えているのが確認できました。これがいずれ、太くなってくれると考えると楽しみです。

ちなみに抜け毛の方ですが、一進一退という感じで、使用3ヶ月の時点とあまり変化はありません。それでも髪の毛にコシが出てきたのなら、良しとすべきなのでしょう。

使い方はどんな感じになった?

上でも触れましたが、頭皮マッサージは続けています。しかも、髪をセットする時間が短くなり、時間に余裕ができたため、前にも増して頭皮マッサージを熱心に行うようになりました。

頭皮の血行が良くなれば、髪の毛に届く栄養が増えて、さらに成長力アップが期待できます。こうした密接な関係があることは、ミノキシジルが血行促進剤であることからも分かります。

マッサージを熱心にやれば、チャップアップの効果がさらに大きくなってくれるだろうと期待していますが、果たしてどうなることやら。

使い方については、量はあまり変わっていません。1本だと1ヶ月よりも長持ちするようなので、定期購入だとちょっとずつ余っていく感じとなっています。

ただ、仮に抜け毛が増えることがあっても、次の日には減っていることがほとんどです。少しずつ、抜け毛の数が平均レベルになっているのではないかとみています。

使い方についても、徐々に適切なプッシュのしかたが把握できてきました。以前ほど、チャップアップを無駄にしなくて済んでいると思いたいところです。

生活習慣に問題はないかな?

チャップアップの使い方がほぼ改善されてきたようですが、それ以外に改善すべき点としてどのようなことがあるかを考えた結果、ひとつの結論にたどり着きました。生活習慣です。

風邪を引いたとき、無理をして仕事などをすると治りが遅くなりますよね。同じようなことが、薄毛についても言えるというわけです。

栄養バランスが悪くなっていないか

まず、髪の毛の栄養を確保するためには、チャップアップサプリだけでは不十分です。髪の毛の栄養素が十分でも、毛母細胞の分裂が促されなければ、効果が落ちてしまいかねないからです。

毛母細胞の分裂を促してくれる栄養素としてはビタミンB2、B6が挙げられます。これらが不足していると、毛母細胞の分裂が阻害され、頭髪の成長力に悪影響が出る可能性があります。

ビタミンB2はブタや牛のレバー、B6はニンニクやマグロなどに多く含まれています。偏食でこれらをあまり食べていないと、ビタミンB2やB6の不足につながる可能性があります。

また、脂っこいものは食べすぎない方がいいでしょう。皮脂の分泌量が増えすぎて毛穴に詰まり、髪の毛の成長が阻害されてしまいかねないからです。

皮脂過剰は、頭皮の状態も悪化させる可能性があるます。詰まった毛穴に細菌が感染して炎症を起こすと、脂漏性脱毛症の原因となってしまいかねないからです。

チャップアップには炎症対策成分も配合されていますが、それでも限度というものがあります。自分の食生活が効果をダウンさせていないかどうか、チェックしてみることにします。

血行が悪化しやすくなっていないか

脂っこい食べ物の問題点はそれだけではありません。頭皮の血行を悪化させ、チャップアップの効果をダウンさせてしまう可能性があるのです。

脂肪分の過剰摂取によって血中の悪玉コレステロールが増えると、血管壁に付着して動脈硬化の原因となります。硬化した動脈の内部は狭くなり、流れる血液が減って血流悪化の原因となるのです。

血流が悪化すると、毛根に届く栄養が減少します。たとえ十分な栄養を摂取していても、届かないのでは意味がなく、髪の毛の成長力をダウンさせる原因となりかねません。

また、ストレスも頭皮の血行に悪影響を与える要因となります。ストレスによって交感神経が優位になってしまうことが理由です。

交感神経は、体を「攻撃モード」にする働きを持っています。外敵からの攻撃を受けた時に、反撃できるような体にするというわけです。そのうちのひとつが、出血を抑えるための末梢血管の収縮です。

ストレスを受けた時、体は「攻撃された」と判断し、交感神経を活発化させます。このとき、頭皮をはじめとする末梢血管が収縮し、血行が悪化して薄毛につながるのです。

血行のためには食事だけでなく、ストレス対策も重要になってくるというわけです。仕事などによるストレスをいかに緩和するかが、鍵となるでしょう。

運動不足になっていないか

意外と見落としているのが、運動不足になっているとチャップアップの効果ダウンにつながる可能性があることです。血行に悪影響を与えるからです。

まず、運動不足だとカロリーが消費されないので、悪玉コレステロールをはじめとする脂肪が貯まりやすくなります。これによって血液がドロドロになったり、血管内部が細くなったりするのです。

いずれも血液が流れにくくなるため、血行悪化につながります。ただ、血行悪化を招く原因は、それだけではないのです。運動不足は、心肺機能の低下にもつながるからです。

運動をすると、たくさんの酸素が必要になりますので、肺は多くの酸素を取り込み、心臓は多くの血液を送り出す必要に迫られます。これによって心肺が鍛えられ、機能アップにつながるのです。

運動不足はこの逆で、心肺をあまり使わないのでどんどん機能が低下していき、血行悪化につながってしまうというわけですね。

ギプスで長期間、足を固定していると、外してもスンナリと動いてくれなくなります。これと同じことが、心肺機能についても起きているというわけですね。

栄養と血行、心肺機能の3つに気を配り、チャップアップの効果アップに励むことが、6ヶ月目以降の課題となっていきそうです。

これまでもチャップアップの使い方を変えたり、頭皮マッサージをしたりすることで、より大きな効果が得られてきたのです。生活習慣の改善も、同様のことが期待できそうです。

チャップアップ使用1年-生活習慣改善効果

そして現在、チャップアップの使用開始から1年が経過しています。抜け毛を気にしなくても良くなるなど、目に見える効果が実感できるようになりました。

また、食事を改善したり、適度な運動をしたりするなど、生活習慣に気を使うようになったことも、チャップアップの効果を後押ししているとみられます。

どんなふうに生活習慣を改善したの?

生活習慣に気を使うといっても、実は大したことをしていないのです。食生活の改善は微々たるものですし、運動といってもウオーキング程度の軽いものです。

食生活をちょっとだけ改善!

食生活の改善はそれほど大きなものではなく、食事に野菜を1品追加した程度です。ただ、この1品追加が予想以上に良い方に出たということですね。

そもそも髪の毛に必要な栄養素のうち、アミノ酸と亜鉛はチャップアップサプリに配合されています。これらの成分を多く含む食べ物は、必ずしも積極的に摂取しなくてもいいのです。

野菜を1品増やせば、何かを減らさないと全部食べられません。私はこの減らすものについて、糖質を選択しました。

糖質は摂取しすぎると血中の中性脂肪を増やし、血液がドロドロになってしまいます。これが頭皮の血行に悪影響を与えるようになることは、上で触れている通りです。

皮脂についても同様で、糖質の摂取量が多いと分泌量が増える傾向があります。糖質を減らすことで皮脂の分泌量が減れば、毛穴に詰まって髪の毛が成長しにくくなることはなくなるわけですね。

そうでなくても、AGAの人はDHTの影響で、頭皮の皮脂分泌量が増えています。糖質の摂取抑制は、できることならやった方がいいことです。

また、野菜を先に食べるようにすれば、血糖値が上がりにくくなります。血糖値が高いと血管を痛め、動脈硬化の原因を作ってしまうという問題があるのです。

意外に思うかもしれませんが、野菜1品増やすだけで、ここまでの効果が期待できるのです。なぜもっと早く気が付かなかったのかと思えてきます。

ウオーキングで血流対策

運動については上でも触れましたが、ウオーキングをやっている程度です。それも、ウオーキングの時間を作るのではなく、通勤時にわざと遠回りして距離を稼ぐという程度のことです。

運動というと、筋肉トレーニングのような激しいものを思い浮かべる人も多いでしょう。ところが、激しい運動よりも、ウオーキングのようなヌルい運動の方が薄毛への効果が期待できるのです。

運動は大きく分けると、有酸素運動と無酸素運動があります。ウオーキングなどヌルいものが有酸素運動、筋トレなど激しいものが無酸素運動です。

実は無酸素運動の場合、やってもストレス解消につながりにくいのです。このため、実際に運動をしても、ストレスによる血行悪化の解決にはなりません。

逆に有酸素運動は、ストレス解消効果があります。もちろん、心肺機能の向上にもつながります。1つの運動で、一石二鳥というわけですね。

つまり過剰なストレスによる頭皮の血行悪化と、運動不足による心肺機能の低下という2つの要素に対応することができるのが、ウオーキングだということです。

付け加えると、激しい運動は体の負担が大きいので、途中で音を上げてしまう人もいるでしょう。その点、有酸素運動ならばヌルいので、簡単には音を上げないというメリットもあるのです。

生活習慣の改善といっても、実はこの程度のことなのです。これならば、誰にでもできると言って過言ではないでしょう。

今だから話せるチャップアップ失敗談

そして、チャップアップの効果がはっきりと実感できるようになった今だからこそ、笑い飛ばせる失敗談というものもあります。使用量を増やそうとしたことと、坊主頭に近い短髪にしたことです。

失敗1・使用量を増やそうとした

私のチャップアップの使用量は、1ヶ月で1本弱を使うぐらいです。ただ、なかなかチャップアップの効果が出てくれなかった時期には、使用量を増やしてみようかと思ったこともあります。

チャップアップの定期コースの中には、育毛剤2本が毎月、送られてくるものもあります。これを「チャプアップの本当の適量は月2本分」と言う人もいたのです。

私はその言葉を真に受けて、本当に毎日の使用量を2倍に増やそうとしました。結論を言えば、仮に2倍の量をつけても、流れ落ちてしまうので、大差はないということになるんですけれどね。

販売元が推奨している使い方には、それなりの根拠があるはずです。にもかかわらず、根拠のない情報を一時とはいえ、信じてしまったのは、恥ずかしい限りです。

失敗2・坊主に近い短髪にした

髪の毛にチャップアップが付くことで、頭皮に行く分が減ってしまうというのは、効果ダウンにつながってしまいます。ちょっともったいないな、とも思えます。

髪の毛にチャップアップがつかないようにするためには、そもそも髪そのものを減らせばいいと短絡的に考え、坊主頭に近い短髪にしたこともあります。

この場合も、実際にはチャップアップをプッシュしても流れてしまうため、効果は疑問です。後になって、なぜこのようなことをしようとしたのかと反省したぐらいですね。

こちらも、ネットの書き込みに影響されたものです。真偽も確かめず、公式が推奨しているわけでもない方法を取ったのは、褒められた行為ではなかったです。

チャップアップ使用1年でどこまで変わった?

使ってもなかなか変化がないのでやきもきしていたチャップアップですが、さすがに1年も使っているとそれなりの効果が実感できるようになりました。

まず、頭皮が透けにくくなりました。以前から、産毛のようなものが生え始めていることは分かっていましたが、徐々にそれが太くなっているのかもしれません。他の髪も全体的に太くなっているのでしょう。

とはいえ、あくまでも地肌が目立たなくなったというだけで、完全に隠れるほど髪の毛が増えたというわけではありません。生活習慣の改善を行っても、効果はこのレベルにとどまっています。

そもそもチャップアップが指定されている医薬部外品は、特定の疾患の予防に役立つ可能性のある商品で、疾患を治すことも目的とした医薬品とは違います。

1年間でこのレベルの効果が出てきたのなら、医薬品を上回るかどうかはなんとも言えばいところですが、医薬部外品としては及第点といったところでしょうか。

結論-チャップアップの効果は時間が必要!

私にとってチャップアップは、ちゃんとした効果があったということになります。1年間という長い間購入を続けてきたことが功を奏したというわけで、嬉しいなんてもんじゃないですね。

「チャップアップは効かない」という口コミを流している人の多くは、使用期間が短いんです。そもそも、1ヶ月や2ヶ月で効果が出てくれるような商品ではないのです。

中には「半年使ったけれど、何も効果がなかった」という口コミもありました。ただ、自分も半年時点では、大した効果はなかったのです。さらに半年続けたからこそ、今があるわけです。

生活習慣に気を配り、頭皮マッサージを行ったことが、今につながったわけですね。この口コミの人も、さらに半年使えば、違った結果が出たのではないでしょうか。

  • チャップアップは効果が期待できる育毛剤
  • 効果が出るまでには時間が必要なので気長に使おう
  • 頭皮マッサージや生活習慣の改善も忘れずに

チャップアップはこんな育毛剤です。もし購入を考えておられるのでしたら、焦らずに使い続けることが重要になってきますよ。